不動産売却の躊躇による時間・財産のロス

不動産売却の躊躇による時間・財産のロス

大阪の小倉公認会計士・税理士事務所が、遺産分割の失敗事例をご紹介します。本事例のポイントは「不動産売却の躊躇による時間・財産のロス」。不動産価格の大幅な上昇が見込めない場合は、確実に買い手を見つけることが最優先。先延ばしにしてしまうと大きな損失を生むことにもなりかねません。ぜひご参考にしてください。

4人兄弟での相続不動産の共有問題――相談者 加藤光一さん

相談者の光一さんは加藤家の長男。このたび父・時雄さんの相続を迎えました。遺産額は約5億円で、そのほとんどが不動産。母の圭子さんが2分の1を相続し、残りの不動産を兄弟4人で共有相続することになりました。

図

4人兄弟は地価の下落が止まらないことから、「今、土地を売っても損だ」との判断から売却を躊躇し、相続税を納税しないまま売るタイミングをうかがっていました。しかし、地価は下がる一方。すっかり売り時を逃してしまったのです。

4人兄弟で意見が分かれ収拾がつかなくなる

やがて、4兄弟のスタンスには微妙な違いがあらわれました。結果、意見はまとまらず月日ばかりが流れ、10年間も売却ができなかったのです。

長男・光一さん このままでは地価が下がる一方なので、早く売却して納税したい。
長女・真希さん 損さえしなければ、いつ売ってもいい。みんなに任せる。
二男・克二さん 近いうちに必ず地価が上がる。現時点での売却は断固反対。
三男・悦三さん どのタイミングで売ればいいのか、じっくり調べてから結論を出したい。
いたずらに納税を延ばした結果の代償

不動産の売却を延ばした結果、当然、相続税の納付も遅れに遅れました。その代償は4兄弟が思っていたものより、はるかに大きいものでした。

・年賦延納税額も10年間納付しなかったため、延滞税が発生。

加藤家は全員大慌て。連帯納付義務により圭子さんが相続した不動産を合わせ、換価処分寸前に任意売却し、4兄弟の相続税の納税をやっと済ませました。結果としてこの相続で残ったのは、圭子さんが相続した自宅60坪の土地家屋のみ。売却時期にこだわりすぎて、大部分の財産を失ってしまったのです。まさに「相続破産」といえるでしょう。

今回の失敗事例のまとめ

不動産を共有すると、売却などの意思決定が遅くなり、相続人全員の利益が損なわれる

 

お気軽にご相談ください。無料相談実施中!! 0120-090-221

  • 料金表
  • 事務所概要
  • アクセス
  • お客様の声
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 相続税対策相談WEB
このページの先頭へ