知って得する相続対策

【知って得する相続対策】 「何にどれくらい相続税がかかるのか知っておきましょう」

 ある日突然、相続が発生したらどうすれば……。相続対策は、何にどのくらい相続税がかかるのか把握することから始めましょう。大阪の小倉公認会計士・税理士事務所が、いざと言うときに困らないための相続対策の下準備についてお伝えします。

いざ相続対策!まずは現状認識から始めましょう

相続時現在で残された遺産などにかかる相続税。相続対策の必要性はわかっていながら、何もしていない……という方はたくさんいらっしゃるかと思います。しかし、実際に何にどれくらいの相続税がかかるのかしっかりと把握しておけば、いざという時も慌てることはありません。

所有する財産は?その金額を知る

相続対策で事前にできることは、どのような財産をどれだけ所有しているかを整理することです。その際、対象となるものの金額も一緒に算出してリスト化しておくとよいでしょう。「相続をする人」は、終活の一環として、また不慮の事故などへの対策に、推定相続人にどこにどんな財産があるのか知らせておくことが大切です。

とくに多くの人にとって知識不足で不慣れなことが多い不動産については、面積の確定や契約書類などの準備が必要です。また、預貯金や株式などは本人しか知りえないことも多く、遺産分与や納税資金対策にも影響を及ぼしますので、事前に整理しておけば「相続される人」を困らせずに済みます。

相続税額を試算しましょう

所有する財産とその金額をリストアップできたら、それぞれにどのくらいの相続税が発生するか試算します。相続税をあらかじめ把握するためには必要不可欠です。これらの試算は、年月によって常に変動するものなので、一度行っただけでは安心できません。数年に一度など、定期的に増減を把握しておかなくてはなりません。より正確に把握したいという場合は、税理士などお金の専門家に相談しましょう。

 

  • 相続に要する手順は?
  • そのお悩み、まずはお気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください。無料相談実施中!! 0120-090-221

  • 料金表
  • 事務所概要
  • アクセス
  • お客様の声
  • 当事務所が選ばれる理由
  • トップページ
このページの先頭へ