知って得する相続対策

【知って得する相続対策】納税資金の準備はお済みですか

大阪の小倉公認会計士・税理士事務所では、ご相談者様に最適な納税プランをご提案いたします。相続税に関するお悩みは、どうぞお気軽にご相談ください。

相続税の申告と納付について

相続税の申告と納付について相続税の申告と納付は、相続開始の翌日から10ケ月以内に行わなくてはなりません。相続税は現金で一括納付するのが原則ですから、十分な預貯金がない場合、不動産の売却を余儀なくされるケースもあります。申告期限を過ぎてしまうと、延滞税や加算税のペナルティーまで課せられるため、早め早めの準備が何より大切です。

相続税の納付プランを立てましょう

相続税の納付プランを立てましょう納付する相続税の額が把握できたら、支払い方法について検討する必要があります。預貯金から一括納付できれば良いのですが、資金が足りない場合には不動産を売却するなどして資金を確保しなくてはなりません。それでも支払いが困難な場合には、分割で税金を支払う延納や、土地や有価証券による物納などの方法があります。ただしどちらも一定の条件を満たす必要があり、延納には利子税がかかるほか、延納期間が3年を越える場合には、担保が必要です。

生命保険を有効活用しましょう

生命保険を有効活用しましょう生命保険の死亡保険金は、申請すれば一週間程度で受け取ることが可能です。そのため遺産分割協議が終了するまで凍結されてしまう相続財産と比べ、すぐに納税資金に充てることができます。相続財産の多くが不動産だった場合、分割の難しさから相続人同志の争いが起こりがちですが、そのようなケースでも、保険金から調整金を支払うことで、よりスムーズな遺産分割が可能となります。また死亡保険金には、法定相続人1人につき500万円という非課税枠があるため、節税対策という面からも大変有効と言えるでしょう。

 

  • 相続に要する手順は?
  • そのお悩み、まずはお気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください。無料相談実施中!! 0120-090-221

  • 料金表
  • 事務所概要
  • アクセス
  • お客様の声
  • 当事務所が選ばれる理由
  • トップページ
このページの先頭へ