知って得する相続対策

【知って得する相続対策】遺産分割の留意点は

遺産を分割する場合に、注意すべき点はどこでしょうか?
遺産を相続できる人や相続できる財産の割合は、民法で決められています。
ただし、相続人間で合意があればこれと異なる取決めも有効です。

法定相続人および法定相続分

法定相続人および法定相続分 遺産を相続できる人(法定相続人)、また相続できる財産の割合(法定相続分)は、民法で決められています。
ただし、遺産の分割に関する相続人間の協議でこれと異なる合意がなされたり、これと異なる内容の遺言書があれば、その取決めは法定相続分に優先します。

遺留分とは

遺留分とは先に、遺言書により法定相続分と異なる取決めがされていれば、その取決めが法定相続分に優先するといいましたが、この場合でも相続人には「遺留分」という財産の最低限の相続権利割合があり、それは侵すことはできません。
この遺留分は配偶者、子、親のみに認められており、それ以外の人には認められていません。

相続人とその遺留分の割合

相続人とその遺留分の割合

 

  • 相続に要する手順は?
  • そのお悩み、まずはお気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください。無料相談実施中!! 0120-090-221

  • 料金表
  • 事務所概要
  • アクセス
  • お客様の声
  • 当事務所が選ばれる理由
  • トップページ
このページの先頭へ